タマチのものづくり

タマチのものづくり

製品開発の「試作」を
世界レベルの加工技術でカタチにします。

私たちタマチ工業は、お客様の製品開発の「試作」を世界レベルの加工技術で応援しています。スタッフ一人ひとりがお客様のニーズを考えて最善の答えを見つけようと、常に努力しています。
年間にご依頼いただく「製品試作」の数はなんと5,000以上。試作以外にも、F1やスーパーフォーミュラ、スーパーGTなどトップレベルの自動車レースのエンジン部品や、国産ロケットH2のロケットバルブから、ミクロン単位の加工を必要とする医療用微細機器まで、超精密レベルの精度が要求される金属加工技術を提供しています。

サービス内容

設計支援、0次試作から生産ライン準備まで、広範囲の支援内容

タマチでは、製品開発プロセスのできるだけ多くの段階において、お客様のお手伝いができるように用意しています。ご希望の設計で加工する場合の工数のご相談から、製品化最終段階のライン試験のための中間加工製品の製作まで、幅広くお手伝いしています。また、加工にかかる工数削減のための設計の最適化をご希望のお客様向けには、出来る限り工数を削減しつつ強度や機能を損なわないための提案をいたします。

技術営業スタイルと納期最優先の営業日設定

タマチのお客様は、ほとんどがいつも忙しい設計者の方です。打ち合わせを効率よく進めるために、タマチでは営業マンが工場スタッフに近いレベルで会話することができるようにしています。営業との打ち合わせで、その場で図面を見ながらディスカッションでき、効率よく必要な情報を提供することができます。
さらに、お客様の繁忙期を見込んだ営業日設定により、出来る限り最短納期で納入できるようにしています。

営業日カレンダーはこちら

ファインチューニング部門

設計図通りに加工した製品は、その時点でニーズを満たせていることになります。しかし、タマチでは、見えないところまでこだわりをもって徹底した仕上げを行います。
例えば、削る加工ではどうしても発生してしまうバリを除去するバリ取り作業。これを単なるバリ取りとは考えず、設計図に準拠した部品をさらに高い精度にするための「ファインチューニング」であると考え、ファインチューニング部門として独立しました。直接目では確認できない箇所まで徹底した仕上げを行っています。

関連ページ