品質管理

品質向上への取り組み

加工50 : 検査50

私たちタマチ工業がモットーとしているこの数字には、
二つの意味があります。

ひとつは、常に高品質の加工製品を提供するために、設備、人材、社内ルールに至るすべてに関して加工50:検査50の割合で投資を行うことです。これにより、工場を見学されたお客様から「検査の機械が多いね」と言われるほど、一般の工場に比べて検査機器の割合が多いという、タマチ工業の特長的な工場レイアウトが出来上がりました。
もうひとつは、お客様が希望する納期と品質を高レベルで両立するために、加工の途中段階でも細かく検査を行うという、加工手順に関する指標です。
ある程度加工を進めた段階で検査を行うことで、大幅な手戻りの発生を防ぎ、材料コストのムダ、時間のムダを最小限にとどめて最高品質の加工製品を最短の納期で納入することができます。
一見すると、加工の度に検査プロセスが入ることで、進行が遅くなるように見えますが、常に多くの試作品加工を並行して進めなければならない「工場」である限り、ミスを防ぎ、確実に計画通りの進行を担保することが大切だと考えています。
「加工50:検査50」は、それを実現するための、タマチ工業の大切なルールです。

タマチ方式5原則

どんなに素晴らしい設備でも、それを操る人間の慣習がしっかりしていなければ、ミスが発生します。 タマチ工業では、すべてのスタッフにミスを未然に防ぐための心構え「タマチ方式5原則」を制定し、現場のあらゆる場所に掲示して啓蒙しています。

タマチ方式5原則 zoom

品質方針

当社はモラル・モチベーションを基本理念に品質保証の方針を定め、顧客から信頼され必要とされる企業を目指し、その結果、社員の良好な生活の形成と適正利益を確保する。

1. 法令を遵守し、迅速・丁寧・忍耐・継続を心掛け、社会に貢献する。
2. 当社は顧客満足を達成するための機能と責任を持った組織で構成され、現在及び将来の顧客ニーズを理解し、品質・納期など顧客要求事項を満たす。
3. 社員として当事者意識を持ち、品質保証実現のため、決められたルール「タマチ方式5原則」を守り、若手教育の基軸として用い、永続的に「未来歴史づくり」を行う。
4. 品質目標を設定し、それに向けた努力と改善を怠らず、経営者はその達成度をデータに基づき評価、見直しをし、更なる改善に向けた品質保証活動を行う。
5. 社員によく周知され企業一丸と成った品質マネジメントシステムによって、常に適正水準に保つよう継続的改善を導き、顧客満足を組織の永久目標とする。
                              タマチ工業株式会社
                              代表取締役社長
                               米内 淨