タマチについて

タマチの歴史

オオタ号時代

1912 1922
オオタ号と太田自動車首脳陣(靖国神社にて)
太田祐雄により巣鴨郊外甲塚に太田工場を設立。飛行機エンジン試作に取り掛かる。後に太田自動車製作所に社名変更。

神田柳原に工場移設。四人乗りフェートンOS号試作成功。

1935
オオタOS型 1921年式
三井物産(株)の投資により資本金100万円で高速機関工業(株)を設立し、トラック及び小型乗用車の本格生産開始。祐雄の子息祐一、祐茂らはデザイン、設計、製作の中核となり、日本で代表的小型自動車メーカーとなる。
1936
当時の工場風景
報知新聞社主催第一回全日本自動車競技大会にて国産小型レースに堂々優勝する。第三回にも優勝するが、その後戦時色濃くなり、統制下により小型乗用車は生産縮小を余儀なくされる。 1936年 第1回全日本自動車競技大会優勝(多摩川スピードウェイ)

オオタ商会時代

1946 1946

祐雄の三男太田祐茂が独立しオオタ商会設立。戦後の物不足の中、自動車修理工場を開く。以降、公営オートレース用レーシングカー設計製作、チューニング等を行う。この頃高速機関工業(株)は業績不振となり、東急系くろがね自動車工業(株)に吸収合併となる。

ヤンマー向け軽トラックを試作。

19581959 オオタ商会にて360ccエンジン軽4輪自動車くろがねベビーのプロトタイプ設計製作。

くろがね自動車工業(株)の子会社、くろがね小型自動車製造(株)を設立。祐茂は技術担当役員に就任のためオオタ商会閉鎖。

タマチ工業株式会社設立~現在

1962 1964
中村良夫氏を中心とした体制で活躍したHONDA F1第1期。中村氏はくろがねでオオタの技術「四輪水冷エンジン」を学んだ。オオタは結果として多くの優秀な技術者を輩出した。

積生産台数25,000台となるものの、親会社くろがね自動車工業(株)不振のため、太田祐茂退社。くろがね自動車工業(株)は現在の日産工機(株)に吸収合併され、オオタ時代からのエンジン技術は今も継承されている。祐茂はオオタ商会があった港区田町八丁目にタマチ工業(株)を資本金200万円にて設立。

この頃から現トヨタテクノクラフト(株)TRD殿の前身であるトヨペットサービスセンター特別開発室殿と取引開始。

1964 フォーミュラージュニアを公営ギャンブルレース用に設計製作。
1969 360cc搭載ミニフォーミュラーカー、ニアルコ製作販売。当時モータースポーツ界で話題となる。
1970 ショックアブソーバーロット自動反転供給機設計製作。他各種省力機設計製作。
1970 ショックアブソーバーロット自動反転供給機設計製作。他各種省力機設計製作。
1972 現社長 太田邦博入社
1977 太田邦博、代表取締役に就任。
1978 全自動ナライ式ノートン製カム研削盤導入。
1981 本社工場を現在地品川区南大井へ移転。同時にCNCマシニングセンター、CNC旋盤、平面研削盤導入。
1982 豊田工機製CNCカム研削盤GCN32-100導入。
1986 ミツトヨ製三次元測定機AE122導入。
1987 豊田工機製CNC横型マシニングセンターFH-50導入。
1988 大田区東糀谷に第二工場を開設。豊田工機製大型CNCマシニングセンターFV-80、中型機FV-45を導入。
1991 資本金1,000万円に増資。
第二工場(現A棟)を静岡県富士郡芝川町に移設。大隈豊和製門型CNC5軸加工機VMP-8、ミツトヨ製三次元測定機B706を設備。
1992 (株)タカラ殿向けテープシーラー開発。OEM生産開始。
1996 西富士工場二棟目建設(現B棟)。CNC旋盤、小型CNCマシニングセンター導入。
1997 3D CAD/CAM Pro. E、ヤスダ製横型マシニングセンターYBM600N導入。
1998 西富士工場三棟目建設(現C棟)。ヤスダ製横型5軸マシニングセンターYBM800N、ミツトヨ製CNC三次元測定機BRT-A710S4等を導入、3D CAD/CAM Pro. E、CADCEUSを増設。
2000 モータースポーツ部品供給に対する評価としてトヨタ自動車殿より表彰を受ける。
カリフォルニアにAIM Corp.設立し、対米輸出を強化させる。
2002 西富士工場、隣接敷地へ拡大、D棟建設。
ヤスダ製横型5軸マシニングセンターYBM700NTTを導入。さらに高精度の要求に対応する体勢を整える。
2000年に続き、タイトル獲得を記念して表彰を受ける。
2004 D棟と繋げる形でE棟建設。CNC5軸マシニングセンター、横型マシニングセンター を中心にラインナップ。開発用シリンダーヘッド、シリンダーブロック加工を充実させる。
2005 豊田工機製カム研削盤、特GCS63Ⅲを導入。凹Rを従来よりも小径で加工可能とする。
2006 DMG社 DMU80P導入
2007 ROFIN社 レーザー加工機導入 環境認証KES取得
2008 「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる。
2009 品質保証規格 ISO9001:2008取得
2010 太田祐雄 2010日本自動車殿堂入り
2012 タマチ工業50周年、太田自動車100周年を迎える
2014 太田邦博 取締役会長に就任 米内 淨 代表取締役社長に就任