タマチの歴史

 

オオタ号時代(1912年~)

 
 

オオタ商会時代(1946年~)

 

オオタ号時代 後期(1937年~)

タマチ工業株式会社設立~現在(1962年~)

1962

タマチ誕生

Open タマチ誕生 祐茂はオオタ商会があった港区田町八丁目にタマチ工業(株)を資本金200万円にて設立。
1964

トヨタとともに

Open トヨタとともに この頃から現株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロッ プメント殿の前身であるトヨペットサービスセンター特別開発室殿と取引開始。グランプリ用エンジン、足周りの改造を全面的に請け負う。
1969

小型フォーミュラカー開発・販売

Open 小型フォーミュラカー開発・販売 360cc搭載ミニフォーミュラーカー、ニアルコ製作販売。当時モータースポーツ界で話題となる。のちのフォーミュラジュニア。
1972

技術継承三代目スタートライン

Open 技術継承三代目スタートライン 太田邦博入社
1977

三代目社長就任

Open 三代目社長就任 太田邦博、代表取締役に就任。
1978

カムシャフト主流に

Open カムシャフト主流に 全自動ナライ式ノートン製カム研削盤導入。
1981

新鋭機NC化幕開け

Open 新鋭機NC化幕開け 本社工場を現在地品川区南大井へ移転。同時にCNCマシニングセンター、CNC旋盤、平面研削盤導入。
1982

中小企業初

Open 中小企業初 豊田工機製CNCカム研削盤GCN32-100導入。
1986

品質における時代の先取り

Open 品質における時代の先取り ミツトヨ製三次元測定機AE122導入。
1988

第2工場開設

Open 第2工場開設 大田区東糀谷に第二工場を開設。
1991

主力工場拡大

Open 主力工場拡大 さらなる時代の先取り。資本金1,000万円に増資。
第二工場(現A棟)を静岡県富士郡芝川町に移設。グループCカー用マグネシウム部品製造に向け大型5軸マシニングセンター導入。
1998

シリンダーヘッド製造着手

Open シリンダーヘッド製造着手 ヤスダ製横型5軸マシニングセンターYBM800Nを導入。
2000

積み上げた信頼関係

Open 積み上げた信頼関係 モータースポーツ部品供給に対する評価としてトヨタ自動車殿より表彰を受ける。
カリフォルニアにAIM Corp.設立し、対米輸出を強化させる。
2002

連続表彰

Open 連続表彰 ヤスダ製横型5軸マシニングセンターYBM700NTTを導入。さらに高精度の要求に対応する体勢を整える。 2000年に続き、タイトル獲得を記念して表彰を受ける。
2007

医療への挑戦

Open 医療への挑戦 ROFIN社 レーザー加工機導入 環境認証KES取得。医療産業へ参入。
2009

品質強化

Open 品質強化 品質保証規格 ISO9001:取得。
2010

自動車殿堂

Open 自動車殿堂 太田祐雄 2010日本自動車殿堂入り。
2012

タマチ工業50周年

Open タマチ工業50周年 タマチ工業50周年、太田自動車100周年を迎える。
2014

第4世代

Open 第4世代 太田邦博 取締役会長に就任。米内 淨 代表取締役社長に就任。
FIA世界耐久選手権(WEC)トヨタTS040年間タイトル獲得。
2015

よりパワフルに

Open よりパワフルに 金属積層SLM500導入
小径φ60・φ70砥石仕様カム研削盤JTEKT GC20Mi導入
汎用組み立てカムシャフト装置設計製作 試作・中量産に対応
2017

太田邦博会長叙勲

Open 太田邦博会長叙勲 太田邦博 旭日単光章 叙勲
DMG MORI DMC65(高性能同時5軸マシニングセンター)、CTX250(複合機)導入
設計・開発強化 エンジニアリング業務受託開始
2018

ル・マン24時間制覇

Open ル・マン24時間制覇 トヨタガズーレーシングTS050 FIA世界選手権スーパーシーズン第2戦ル・マン24時間初制覇

西富士工場隣接工場用地開発開始

2018~未来歴史

 
Close
 
Close